Sustainability

科学と自然の融和。東レグループのサステナビリティ・ビジョン

東レグループは、サステナビリティ(持続可能性)は
21世紀の世界における最重要の共通課題だと考えています。

自らの成長によって、世界の持続可能性に負の影響を与えない努力を尽くすとともに、
「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」との企業理念の下、
全世界のパートナーとともに、パリ協定や国連SDGsをはじめとする
世界的目標の追求のために、全力を尽くしていきます。

GOALS:2050年の目指す世界

  1. GOAL1
    地球規模での温室効果ガスの排出と
    吸収のバランスが達成された世界
  2. GOAL2
    資源が持続可能な形で管理される世界
  3. GOAL3
    誰もが安全な水・空気を利用し、
    自然環境が回復した世界
  4. GOAL4
    すべての人が健康で衛生的な生活を送る世界

ACTIONS:取り組む課題

  1. ACTION1
    気候変動対策を加速させる
  2. ACTION2
    持続可能な循環型の資源利用と生産
  3. ACTION3
    安全な水・空気を届ける
  4. ACTION4
    医療の充実と公衆衛生の普及促進に貢献する

MIDTERM:2030年に向けた数値目標

グリーンイノベーション製品の供給
4
年間水処理量※水処理膜により新たに創出される年間水処理量
3
用水使用量の売上高原単位
30%削減
ライフノベーション製品の供給
6
GHG排出量の売上高原単位
30%削減

植物由来の人工皮革 Ultrasuede®

東レは植物由来の再生資源を粗原料の一部に使用したスエード調人工皮革を、2015年に世界で初めて商業生産開始。Ultrasuede®は「責任ある製品づくり」を通してカーボンニュートラル社会実現に加え、原料そのものを変えることで脱石油依存に向けても貢献したいと考えています。また使用される植物由来原料は供給と品質が安定し、トレーサビリティによる信頼性もある事から、より地球と人に配慮した持続可能な素材だと考えています。

ウルトラスエード®原料の約30%を植物由来にすることによる効果

石油使用の削減につながります
0.66 liters
Ultrasuede®BX 1㎡ (375g) あたり*
  • (一社)産業環境管理協会のデータベースに基づき東レ計算
  • 原油の消費量:原油から精製する粗原料の得率を考慮せずに計算

バイオ素材のメリット

  • 脱石油依存社会への貢献
  • 安心できる供給と品質
  • 原料の信頼性(非可食、非GMO、トレーサビリティ)

バイオマス(植物)由来PETの利用

Now:植物度30%、Future:植物度100%